AQUEST Text To Speech Technology
MENU
AQUEST

規則音声合成エンジン AquesTalkシリーズ

banner

組み込み用に開発された小型軽量のエンジンで、テキスト情報(音声記号列)をリアルタイムに音声に変換して出力します。 これまで数百万台の機器に実装されています。現在、AquesTalk10/AquesTalk pico/AquesTalk2/AquesTalk1の4種類のエンジンがあります。 それぞれ音声生成アルゴリズムが違うため、声質が異なります。声質や動作に必要なリソース量を考慮してエンジンを選択します。

AquesTalk pico
シリーズ中、最小サイズのエンジンです。RAM500byte、ROM30Kbyte、8bit CPUという比類ない極小リソースでリアルタイムの音声合成ができます。リソース制約の厳しい小型の組み込み機器に適しています。 このエンジンを1チップマイコンに組み込んだ音声合成LSI AquesTalk pico LSI も販売しています。
AquesTalk10
32bitシステムへの組み込みに最適な最新の音声合成エンジンです。AquesTalk,AquesTalk2の後継として、両エンジンの特徴を維持したまま、クリアな声質、高い明瞭性、パラメータで声質を調整可能などの特徴を持っています。
AquesTalk2
声の種類を規定する16KB程度のデータを差し換えることで、動的に14種の中から声種を切り替えられる特長を持っています。
AquesTalk1 (旧AquesTalk)
声の種類は1つに固定されていて基本は女声ですが、別途8種類の中から選択もできます。16bit CPUから動作します。

エンジン仕様

エンジン名 AquesTalk pico AquesTalk10 AquesTalk2 AquesTalk1
処理量・CPU 4MIPS 8bit~ 30MIPS 32bit~ 10MIPS 16bit~ 10MIPS 16bit~
RAM 0.5KB 10KB 5KB 8KB
ROM 23KB 150KB 51KB 100KB
入力テキスト ローマ字表記音声記号列* かな表記音声記号列
音声出力 8/10KHzサンプリング, 16bitPCM 16KHzサンプリング, 16bitPCM 8KHzサンプリング, 16bitPCM
インターフェース C関数呼び出し
声種 7種から選択 3種 + ユーザ調整可 14種 8種から選択
*オプションでITS車載用音声合成記号 JEITA TT-6004版もあります。
*漢字を含むテキストからの音声合成には言語処理エンジンAqKanji2Koeを使用します。